• "氷の世界"

    井上陽水

    2017.07.10

    Country:Japan

    Format:LP

    Year:1973

    Label:Polydor


    説明不要の井上陽水による73年リリース、フォークにファンクを取り入れた意欲作にして通算3枚目のアルバム作品にしてミリオンセラーLP「氷の世界」収録の表題曲。直情的なリズム隊と重たいギターリフがスリリングに加速してゆく狂気のバックバンドに、ヴォーカル、ブルースハープがとめどない刹那ファンク。

    レコーディングは当時では異例のロンドンで行われ、ストーンズのストリングス・アレンジャーNick Harrisonを筆頭に、Deep PurpleのIan Gillan Bandやら、それはもうすごい外人がたくさん参加していて、あらためて氏のカリスマを再確認できます。言われてみれば70年代、8チャンネルRECの時代にこのびっしり箱詰めされた超絶アレンジは確かにプロ中のプロ仕事。

    ただ、この曲に心が奪われるのは時は70年代フォーク隆盛の日本歌謡界にして、この狂気のバックトラックにして、唄ってる内容が全てネガティブ、もはや救いようのないほど自己嫌悪をさらけ出しているストーリンテリングです。それが衝動だけで音楽をやってる様をありありと映していて聴けば聴くほどに深まり、やればやるほどハマる、まさしく氷の世界。40年前に重度のパラノイアに陥りながらもこの曲を書き上げ、そしてリリース後にうっかりお上にパクられたりしながら、今でも自身の代表曲として歌い続けている姿には惚れ惚れします。

    原曲のYoutubeはなかったので、2014年のライブ演奏を貼っておきます。

    Share this: