• Timothy Really Lab.

    Tokyo / Japan

    DJ

    Timothy Really Lab. (Zuyack,Ngtom,Sisi,Tosi,Kon,y.)

    実家、AよりのAB、うどん屋のせがれ、ビックダディ、サッカー好き、バリ在住の6色可変型DJユニット。

    West-Psy Tokyo出身、古き良きトランス黎明期に生を受けたレーベル/DJラボラトリー。 00年代初頭よりレーベルとしてMotor City Drum Ensembleをはじめとしたライセンス盤、So Inagawa率いるSpekなどのオリジナル盤を投下し、そこそこのセールスに終わるが、現在ではプレミアがついたりと、早すぎたリリースとして結果オーライと考えている。またDJとしてターンテーブル6台を駆使したインスタレーションなど、カルトかつポップなDJスタイルを研究、現在Boiler Roomなどで見られるパーティー・イン・ザ・ブース・スタイルのパイオニアとして鑑みることでこれもまたアリだったかなと考えている。 年を経て、その趣向はいまだ見ぬ未知なるディスコとハウスの発掘にフォーカスされ、それらを斜めに考察するべく深堀ブログ兼RE-EDITプロジェクトTEST TRAXを立ち上げ、可変型B6Bによってそれをアウトプットする様はやはり初心貫徹、フロアに混沌と狂喜を出現させるパンドラの箱である。海外支部のあるバリ、韓国ツアーからなんとか生還したばかり。

    Timothy Really, a collective of six DJs and artists, started as a label distributing electronic music focusing on both dance floors and home listening in 2005. They picked overseas producers like Motor City Drum Ensemble,Swag that hadn’t released yet in Japan, reissued their albums domestically and distributed them all over. Spek, a band led by So Inagawa released their first album from Timothy Really as well. While Timothy Really builds a platform for unique talent around the world, they also form as a production team providing all sorts of art direction to various sites including directing music for fashion shows, compiling music for shops, gigs in Korea and Bali, Connecting Asian Disco connection, organizing events at clubs, and designing a special DJ booth with five turntables at French embassy.